売ることにした

フィギュアを売ることにした。
……と言っても、これは悲劇ではない。別に趣味を完全否定された上で「売ってこい!」と誰かに言われたわけではないのだから。むしろ、誰も僕にそういうことは言ってくれない、というところが軽い悲劇ではある。
今回、フィギュアを売ることにしたのは、そうだな……言うなれば「遊ぶ金が欲しくてやった」みたいなものだろうか。
ちょっとばかり懐をあたためたいと思ったので、本棚に並んでいる本を売るよりは、棚の上に飾ってあるフィギュアを売ろう……と、こういうことになったのである。

そう……ここまで読んでお分かりの通り、僕はそれほど熱心なフィギュア・ファンではない。
本棚の棚ひとつに並ぶくらいの数しか持っていないし、友だちの熱狂的なフィギュア・ファンみたいに、同じフィギュアをいくつか持っていて、「観賞用」とか「保存用」とか、そんなふうに扱ってもいない。

だからここでは、そんなライトユーザーたちのために、僕が愛すべき人形たちを買取りしてもらった経緯を、軽く読み流してもらいたい。
買取店を探し、査定をもらって買取へゴーして、そしてお金に変えたその一部始終を、ライトな気持ちで見てもらいたいと思う。
ちなみに僕が今回、買取店に売却したのは、好きな映画のキャラクターを模したやつだった。彼らはハリウッド映画のヒーローだった。今は、買取店の陳列棚に並んでいるが。

外部リンクへ

手数料が無料で掛からないフィギュアの買取店ならこちら|コレ×コレ