ファクタリングによる現金調達と利用の注意点

企業間の取引では手形などの売掛債権を現金の代わりに使用することがあります。

債権は額面と同額の価値を持つ資産として扱われますが、現金化する際の手続きに時間がかかる欠点があります。
また、不渡りなどのトラブルが生じると債権は無価値になってしまうので取り扱いには注意する必要があります。

wikipediaの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

ファクタリングは債権を第三者に売却することで現金化する行為を指し、通常の手続きと比べて短時間で現金化できるのが利点です。

また、売却によって債権の所有権が第三者に移動するので不渡りなどのリスクを負う必要が無いのもメリットの一つになります。

その一方でファクタリングは債権の額面よりも低い価格で買い取る行為なので資金繰りの手段として行う際には注意します。

今話題の医療ファクタリングに関する情報を公開中です。

また、債権の回収は買い取りを行った第三者が行うので、トラブルを防ぐために事前に債務者側にファクタリングを行ったことを伝えるのが社会的なマナーです。
ファクタリングによる現金化は利便性が高い一方で頻繁に繰り返すと債権の扱いに問題があると見做されて社会的な信頼に悪影響をもたらす可能性があります。


そのため、債権の売却は現金化の手段の一つとしての利用に留めることが企業の運営者に求められる姿勢です。ファクタリングは同じ債権でも買い取り業者によって査定額や手続きの時間が異なるので最も利用しやすい所を選ぶように心がけます。



また、債権の取り扱いは外部への情報流出が発生しないように厳格な管理を行うことも大切です。

MENU